ハウツー

乳幼児期からの早期英語教育は日本語の発達を遅らせるって本当?

早速ですが「影響ない」という論文が「ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所」から発表されており、こちらに記載されています。

dweに取り組むお母さんへ。

自信を持って一緒に頑張りましょう!^^
何か言われても聞き流しましょう。
私も当初は色々と心配になって調べました。
そしてこの論文に出会い自信が持てました^^

上の論文の抜粋です。

【要旨】
日本では、乳幼児期から二つの言語を学ぶことで両言語とも語彙の発達が遅れるという見解が多く見受けられる。本論文では、そのような見解に影響を与えた先行研究を調べ、学術的な信頼性がない見解であることを示す。さらに、バイリンガルの語彙評価方法やモノリンガルとの比較方法を見直した近年の先行研究の結果により、バイリンガル(二言語使用者)の語彙発達はモノリンガル(一言語使用者)と同等もしくはモノリンガルよりも優位であることを示す。以上の研究結果から、本論文は「乳幼時期の英語使用は日本語の語彙発達を遅らせない」と結論づけ、日本の保護者は、学術的根拠に欠ける情報に過剰な不安を抱き、早期英語教育やバイリンガル環境をやめる必要がないことを論ずる。

乳幼児期の英語使用は日本語の語彙発達を遅らせるか −−近年の先行研究からの考察−−

3歳児健診で早期英語教育について指摘を受けたというお母さんが沢山いるようです。

そんなお母さんにこの論文をぜひ読んでいただきたいと思います。

私たちの場合、娘ちゃんが1歳半の時にサンプルdvdの掛け流しやyoutube動画で英語教育を始め、2歳半の時にdweを正規購入しました。

1歳半の時には「Touch your nose!」などの簡単な英語は聞き取っていました。
Instagramを見ていると、そんなお子さんたちが沢山いらっしゃいます^^

娘はもう直ぐ4歳になります。

今思うことは2歳になるまでの「とにかく何でも触ってみる」「音のなるものが大好き」「わからなくったって平気」の時期が本当に大切だったなと思います。

4歳ともなると「わからないことはしたくない」お年頃になり、日本アニメ(プリキュアなど)やyoutubeなどキラキラしたものへの興味の方が大きくなり、親も英語での話しかけをしないと英語教育を継続していくことが困難になってきました。

もちろん個人差はあるのでしょうか、私たちは娘が4歳になり転換期に差し掛かっています。

ここで、そんな私たちが悪戦苦闘する様子もご紹介していければなと思っております^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です